読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都でクリエイターやってます

京都に引っ越してきて、好きなものと仕事についてなど書いていきます。

中身はおあげできつねかと思いきやたぬきうどん「殿田」

f:id:antymark:20170503222558j:plain

京都駅の八条口側には、あまり行く機会がない。大抵が友人に教えてもらっているお店に行くのだが、ここは何となく気になり入ることにした。うどん屋さんの「殿田」。

 

retty.me

 

自宅近くでは「招福亭」という茶そばのお店がお気に入り。昔からやっている感じのお店が好きなので、こちらもそんな匂いを感じ取ったため。

 

入ってみると当たりだなという印象。メニューが壁一面に貼られていて、その中から「たぬきうどん」500円を注文。

 

f:id:antymark:20170503223122j:plain

見た目はどうみてもお揚げで、きつねである。気になって後から調べると、大阪・京都の一部では、これがたぬきうどんというそうだ。

 

とろみが付いたお出汁と、すりおろされた生姜に葱。うどん自体は福岡のような柔らかさだった。

 

これ、やさしさが半端でない安心できる味。500円という値段を考えると、かなり評価できる味ではないだろうか。

 

厨房近くには、おいなりさんや巻きずしが置いてあり、食べたい欲望に駆られたが今回は我慢。(別の日に食べたけど美味かった。)

 

おじいちゃん、おばあちゃんがやっているお店で、お客さんも馴染みの人が多く、関係性を見るだけでも優しくなれる雰囲気である。

 

お昼にビール飲みながら競馬中継を見ている感じも、ゆったりとした時間を感じさせてくれる。

 

ここは、ちょくちょくと通いたいお店だな。

 

 

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)